2006年01月21日

建設廃棄物処理、リサイクル>

建設現場から発生する廃棄物は規定に従い分類、分別解体、再資源化される。建設リサイクル法などの規定に従い行なわれる。


posted by 早解かり建設業界 at 20:25| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球環境再編へ>

環境保全は保有技術を融合化させた付加価値であり、特に土壌改良汚染(重金属、発揮性有機化合物などの土壌汚染が顕著化してきた)対策やヒートアイラインド(都市などコンクリート密集地域で気温が上昇する)対策である。他、地球温暖化、省エネ、廃棄物処理、水質、土壌汚染問題などへの参入は今後の有望市場の一つとされている。


posted by 早解かり建設業界 at 20:21| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建設業界のIT>

建設取引でITが導入され始めた。資機材やプロジェト受発注する建設マーケットプレイス (電子商取引市場)が立ち上がるなどの動きが目立つ。ゼネコン、サブコンの構造も変わると見られる。


posted by 早解かり建設業界 at 20:05| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業界の再編の行方>

平成12年、建設産業再編促進策(建設産業再生プログラム(旧建設省がまとめたもの)の実践版)を発表された。厳しい業界の生き残りをかけて大手、中堅ゼネコンでの編成、淘汰が行なわれている。


posted by 早解かり建設業界 at 18:19| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳しい状況の建設業界>

倒産件数は中小、零細が大半を占める。しかし最近では準大手、中堅にまでその影響は及んでいる。


posted by 早解かり建設業界 at 18:17| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これからの中小建設業の展望>

中小企業は苦戦を強いられている。経営資源が不十分なことが原因である。打開策として発想の転換、企業連携による新市場開拓、業際拡大が必要とされている。
posted by 早解かり建設業界 at 18:14| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

官公需法の危険性>

官公需法(官公儒の場合における中小企業の受注の機会を確保する為の措置を講じて、中小企業の発展に寄与するといった内容の法律)。政府は契約の5割、地方公共団体も過度の保護を実施。この保護政策が長期展望で見ると中小企業の体質改善の目を潰し、納税者の負担の増加に繋がる。


posted by 早解かり建設業界 at 18:06| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイピング受注は悪か、その防止策は?>

公共工事の減少に伴い、ダイピング受注(過度の安価受注)が横行。公共発注者は低入札価格調査制度(異常に安価な入札の場合、最低価格でも入札出来ない制度。原価割れ、低価格受注による疎漏工事防止を促す。)で対応している。
posted by 早解かり建設業界 at 17:44| 建築業界の問題と将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。