2006年01月21日

リフォーム&リニューアルの時代へ>

スクラップ&ビルドからリフォーム&リニューアルへニーズが変わって来た。そのことでこれから新たにストックビジネス、循環型社会、都市環境改善の市場が脚光を浴びている。


posted by 早解かり建設業界 at 23:13| 建築業界の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ISOシステムの取得>

ISOシステム導入は組織システムの整備、顧客満足、財務体質の健全化、強化が本来の目的である。現在では公共工事受注条件、加点対象にもなり取得する業者が増えている。


posted by 早解かり建設業界 at 22:23| 建築業界の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境技術が焦点>

日本のゼネコンが技術発に力を入れている。これは今後の高齢化などの背景もあるがなにより需要の背景が環境と技術の評価に変わると予想しているからである。


posted by 早解かり建設業界 at 22:14| 建築業界の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総合エンジニアリング事業の展開>

建設業の役割は住宅や社会資本の整備、ライフスタイルのデザインも考える。このために総合エンジニアリング事業の展開をはかる。活動は都市開発、受動的なコンサルティング、企画提案、ディべロッパー、EC化など。


posted by 早解かり建設業界 at 21:33| 建築業界の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスチャンスの創造>

建設事業での川上、上下領域(川上領域:顧客へのカウンセラー的対応、企画提案、川下領域:事情運営に対する経営上、資金著調達に面などの支援、テナント斡旋)における参画をソフト化・サービス化という。これには企画提案能力、エンジニアリング能力が必要。


posted by 早解かり建設業界 at 21:20| 建築業界の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新経営方針>

安全第一、環境配慮、高品質ロープラスが重要。創造してきた社会貢献するもっと信頼される企業つくりが課題。 ・CS(顧客満足)が原点 ・財務体質の健全な企業 ・ソフトエンジニアリングの強化 ・ビジョンの明確化


posted by 早解かり建設業界 at 21:07| 建築業界の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。